すべり症

我慢しないで!腰椎すべり症

はちが整体院は、腰椎すべり症の改善が得意です!

腰のなんとなくの違和感、ありませんか?

腰椎すべり症とは中高年に特に多い腰痛で、腰椎の慢性的な歪みです。
腰椎の椎間板(ついかんばん)のついている前方部分は椎体(ついたい)、後方の椎間関節のついている部分は椎弓(ついきゅう)と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。
分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。すべり症は脊椎(せきつい)同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。
はじめは急激な腰痛を伴うケースは少なく、「何となくの違和感や我慢できる痛み」が多い為、「何だかおかしいな・・・変だな・・でも、すぐに良くなるだろう」「長時間座っていると時々痺れがくるけど、、、少し休めば治まるし、きっと年のせいだろう」とそのまま症状を腰痛を我慢したり、放置してしまい、知らない間に慢性痛へと成長してしまう場合が多いのが特徴です。

すべり症 原因は?

原因は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは生まれつきのもので、分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く、高度なすべり症を生ずることがあり注意を要します。
近年では、後天性の多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられています。しかし、スポーツは原因のひとつであり、体質的な要素もあります。
分離症・分離すべり症は第5腰椎によくみられます。一方、変性すべり症は椎弓や椎間関節の形態異常に椎間板の変性が加わって起きるとされています。変性すべり症は女性に多く、大部分が第4腰椎です。

すべり症の症状

最も多い症状は腰痛です。青少年のスポーツ活動で腰痛が出現する場合は、分離症を疑ってみることが必要です。成人の場合、同じ姿勢を続けたり、長時間の立ち仕事や重労働のあとに痛みが強くなります。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。また、成人では神経根症状である脚の痛みやしびれが出現してくることもあります。

つらい痛み 悪化する前にご相談ください!

「腰椎のすべり」の度合いも、「痛み」の度合いも徐々に進行するため、対応が遅れてしまうケースが多いです。
なので、「なんだか調子が悪いな…」程度でもはちが整体院にご相談くださいね!
病院へ行っても痛みが改善されなかった、とくに治療はしてもらえなかったとお悩みの方が当院へ来院され、痛みが改善されています。
たくさんのすべり症・腰痛の患者さんが来院しています。すべり症の痛みでお悩みなら、ぜひ一度当院へご相談ください。


腰痛,すべり症,東中野,東京,小顔矯正

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

たくさんの女性のみなさまから好評をいただいております当院です。
お身体のこと、お悩みを一人で抱えず、ぜひ一度当院へご相談ください*^^*

★ご予約のお電話はこちらへ★

080-8875-3011

はちが整体院 

住所

中野区東中野1-54-3 OSフラッツ201

営業時間

11時~22時(最終受付21時~)

定休日

水・土

最寄駅

「東中野」駅 (JR総武線と大江戸線どちらも近いです。)

・JR総武線「東中野」駅西口2出口より徒歩1分
・都営大江戸線「東中野」駅A1出口より徒歩2分
・東京メトロ東西線「落合」駅より徒歩6分
・東京メトロ丸の内線「中野坂上」駅より徒歩10分
はちが整体院